メディアの手帖

このブログは、メルマガ「IDOL TODAY」の編集者である畑中 智晴が、日々のメディアの動きや最近のNEWSなどを取り上げ、コメントするブログです。 (但し、毎日更新とは限りませんので悪しからず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のGI日程を考える

Bank of Dreamさんのブログ「公営競技はどこへ行く」の記事「ナカヤマフェスタも凱旋門賞へ」で、Bank of Dreamさんは「宝塚記念が昔の6月第2週あたりに行われるならば、キングジョージにも出走できる」と紹介している。
それを受けて、慧さんがわたしのGⅠ日程案春編と題して、こんな春のGI日程を提案している。
・川崎記念を現行の日本グレードJpnIから南関東S1グレードに格下げ、これを受けてフェブラリーステークスを1ヶ月繰り上げて冬の東京の開幕週に(これによりドバイワールドカップに挑戦しやすくする)。また最終週にヴィクトリアマイルを繰り上げ(こちらは2ヶ月余りの繰り上げ)。
・高松宮記念は現行日程(3月最終週)のまま。
・同じ4月第1週に皐月賞と桜花賞のダブルヘッダー(桜花賞を皐月賞の1時間前に施行、桜花賞は1週、皐月賞は2週繰り上げ)。その前日に中山グランドジャンプ(2週繰り上げ)。
・春の天皇賞は4月第2週(2週繰り上げ)に移行。
・NHKマイルカップは4月第3週に移行(3週繰り上げ)、またこの前日にはオークスとダービーのトライアル4レースを施行(9レースがオークストライアル・スイートピーステークス、10レースがオークス最終トライアルのフローラステークス、11レース(メインレース)がダービートライアルの青葉賞、12レースがダービー最終トライアルのプリンシパルステークス)。
・安田記念は5月第1週に移行(1ヶ月繰り上げ)
・優駿牝馬(オークス)と東京優駿(日本ダービー)を同じ5月第2週に行う。優駿牝馬は第9レース(2週繰り上げ)、日本ダービーは第10レース(3週繰り上げ)で。
・そして宝塚記念は6月第1週(3週繰り上げ)。

はっきり言って、前後のバランスを考えない「独りよがり」の日程案だが、追記で解説しておきたい。
・2100mの川崎記念と1600mのフェブラリーステークスは、ドバイワールドカップに向けての日本代表決定戦の意味合いが強いが、グレードの差(川崎記念は日本グレードJpnIなのに対し、フェブラリーステークスは国際GI)だけで評価するのはいかがなものか?2ハロンの差(ここではフェブラリーステークスとドバイワールドカップとの距離差)は決して小さくないのだが・・・。
・冬場に芝のGIを持ってくる意味合いは!?(冬場は凍結などで芝のコンディションは必ずしも良くない。その中でGIをやる意味合いはないと考える。万が一降雪などで日程が延期になった場合のリスクも考えて欲しい。しかも同じ牝馬のエンプレス杯と日程的にバッティングするので、メンバーの分散化の懸念もある。そもそもヴィクトリアマイルは、秋のエリザベス女王杯と対になる牝馬のGIであり、その点も考慮すべきである)
・クラシックのWヘッダーに関してはまとめて解説する。GIのWヘッダーはJRAの同一場においては2004年のJRA50周年記念「ゴールデンジュビリーデー」でのジャパンカップ・ジャパンカップダートのみ(平地・障害の異場のケースも含めると1999年の中山グランドジャンプ(この年が第1回(まだ国際招待ではなかった))・桜花賞のケースがあるが)、JpnIまで広げると現在のJBCデーにおけるJBCスプリント・JBCクラシック、と数は少ない。
しかし、1日にGIレースを2つというのは、ファンにとっては「お金が持ちましぇ~ん」なのである。現在でもダービーの日の目黒記念や今年は(来年以降は不明)安田記念の日に行われたユニコーンステークスという様に、1日に(JRAの同一場において)重賞が2つ行われるケースはあるが、はっきり言ってファンは馬券の配分に苦労しているのである。増してやGIが2レースともなれば、最初のレースでスッカラカンになってしまえば元も子もないのである。そういったリスクを全く考慮しない、「興行上の盛り上がり」だけでWヘッダーを編成すべきではない。(同じ理由でNHKマイルカップ前日のクラシックトライアルの1場集中編成にも反対する。詳細についてはここでは割愛)
・まだまだ取り上げたい事(安田記念の繰上げによるアジアマイルチャレンジへの影響、対象レースの移動先の元々ある重賞の日程など)はあるが、長くなるので最後にこの1点だけ私見を述べる。それは「宝塚記念の繰上げで、実際にキングジョージに出走する可能性は高くなるのか?」という事である。
正直言って、可能性は低いと言わざるを得ない。日程上宝塚から1ヵ月半ではぶっつけ本番しかなさそうだが、秋の凱旋門賞ですら前哨戦としてニエユ賞が重要視されているのに、キングジョージの場合は「海外遠征では重要視される」前哨戦が使えない(あのマクトゥームチャレンジラウンド3でのレッドディザイアを見よ)というのは「リスクが大きすぎる」と考える。せめて使うとすれば(この案だと)春の天皇賞を使ってから出国しなければならないのではないか?

以上から、慧さんのこの春のGI日程案は「独りよがり」と言わざるを得ないのである。
慧さんは今後秋編も考えているようだが、正直「お止めなさい」と申し上げておく。
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/08/09(月) 18:00:52 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hatatomo.blog25.fc2.com/tb.php/63-404103d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。