メディアの手帖

このブログは、メルマガ「IDOL TODAY」の編集者である畑中 智晴が、日々のメディアの動きや最近のNEWSなどを取り上げ、コメントするブログです。 (但し、毎日更新とは限りませんので悪しからず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のGI日程を考える

Bank of Dreamさんのブログ「公営競技はどこへ行く」の記事「ナカヤマフェスタも凱旋門賞へ」で、Bank of Dreamさんは「宝塚記念が昔の6月第2週あたりに行われるならば、キングジョージにも出走できる」と紹介している。
それを受けて、慧さんがわたしのGⅠ日程案春編と題して、こんな春のGI日程を提案している。
・川崎記念を現行の日本グレードJpnIから南関東S1グレードに格下げ、これを受けてフェブラリーステークスを1ヶ月繰り上げて冬の東京の開幕週に(これによりドバイワールドカップに挑戦しやすくする)。また最終週にヴィクトリアマイルを繰り上げ(こちらは2ヶ月余りの繰り上げ)。
・高松宮記念は現行日程(3月最終週)のまま。
・同じ4月第1週に皐月賞と桜花賞のダブルヘッダー(桜花賞を皐月賞の1時間前に施行、桜花賞は1週、皐月賞は2週繰り上げ)。その前日に中山グランドジャンプ(2週繰り上げ)。
・春の天皇賞は4月第2週(2週繰り上げ)に移行。
・NHKマイルカップは4月第3週に移行(3週繰り上げ)、またこの前日にはオークスとダービーのトライアル4レースを施行(9レースがオークストライアル・スイートピーステークス、10レースがオークス最終トライアルのフローラステークス、11レース(メインレース)がダービートライアルの青葉賞、12レースがダービー最終トライアルのプリンシパルステークス)。
・安田記念は5月第1週に移行(1ヶ月繰り上げ)
・優駿牝馬(オークス)と東京優駿(日本ダービー)を同じ5月第2週に行う。優駿牝馬は第9レース(2週繰り上げ)、日本ダービーは第10レース(3週繰り上げ)で。
・そして宝塚記念は6月第1週(3週繰り上げ)。

はっきり言って、前後のバランスを考えない「独りよがり」の日程案だが、追記で解説しておきたい。 【“春のGI日程を考える”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。