メディアの手帖

このブログは、メルマガ「IDOL TODAY」の編集者である畑中 智晴が、日々のメディアの動きや最近のNEWSなどを取り上げ、コメントするブログです。 (但し、毎日更新とは限りませんので悪しからず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競輪改革私案

いつも拝見させていただいているブログ「公営競技はどこへ行く」の中で、作者である大阪在住のBank of Dreamさんは「競輪の売り上げ回復には、思い切った改革の実行が不可欠」という持論を展開している。同じ改革という点では予想紙発行のコンドル出版の武田社長も「プロの団体なら1500人が限度、赤字開催を減らし、黒字開催を増やすべし。月1開催で10個レースの基本がベスト。そして各場・サテライトは月に4週を使ったもの(1週間1開催)にすればファンはしっかり自分の仕事をやれるし、競輪界にファンが戻って来るのでは」という持論を自身のHP内の「コンドル日記」で語っている。
それでは、具体的にはどんな方法が考えられるのか? ここでは私なりに考えた競輪改革の私案を提供して、今後の議論の参考として頂きたいと思う。
【“競輪改革私案”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:競輪 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。