メディアの手帖

このブログは、メルマガ「IDOL TODAY」の編集者である畑中 智晴が、日々のメディアの動きや最近のNEWSなどを取り上げ、コメントするブログです。 (但し、毎日更新とは限りませんので悪しからず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、ディープインパクトについて分かっている事

ディープインパクト、父サンデーサイレンス、母ウインドインハーヘア、母の父Alzaoの4歳鹿毛の牡馬。2002年3月25日早来町ノーザンファーム生まれ、オーナーは図研社長の金子真人氏(のちに馬主は法人化され現在は「金子真人ホールディング」名義)、所属は栗東の池江泰郎厩舎、デビューから一貫して武 豊騎手が手綱を取っている日本を代表するスターホースだ。
2004年12月に阪神でデビュー以来、翌年の菊花賞で史上6頭目(史上2頭目の無敗)の三冠馬に輝くまで無敗であったが、同年の有馬記念でハーツクライの後塵を拝し2着。今年は阪神大賞典から始動し、春の天皇賞と宝塚記念を勝利して、まさに国内無敵の感をいっぱいにして、初の海外遠征となる10月1日のパリ郊外・ロンシャン競馬場での凱旋門賞に臨んだ。
結果は3歳馬2頭に交わされての3着ではあったが、同世代では最高着順だった事を考えると大健闘といえるのではなかったか?
しかし、レース後に管轄するフランスの競馬統括団体・フランスギャロが行った薬物検査(理化学検査)によってフランスの競馬施行規則で使用禁止となっている「イプラトロピウム」が検出されたとJRAに通知があって、現在揺れ動いている。
同馬は現在帰国後の着地検疫で東京競馬場の国際厩舎に滞在しており、秋の天皇賞へ向けて調整が行われている。果たしてディープに今何が起こっているのか?ネット上での情報の混乱の整理と、加熱する議論の冷静化を計るべく、ここでは今ディープインパクトに付いて分かっている事を紹介しておく。
【“今、ディープインパクトについて分かっている事”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。