メディアの手帖

このブログは、メルマガ「IDOL TODAY」の編集者である畑中 智晴が、日々のメディアの動きや最近のNEWSなどを取り上げ、コメントするブログです。 (但し、毎日更新とは限りませんので悪しからず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本レディース招待in荒尾

このジャンルでは2回目となるが、今回は去る11月22日に熊本・荒尾競馬場で行われた「全日本レディース招待競走」を取り上げてみたい。
日本における女性競馬騎手招待レースは、1981~84年に東北3県(水沢・上山・県営新潟)で行われた「レディスカップ」がその起源(82~84年には水沢で「国内女性騎手招待競走」を開催)。88年にはオセアニアから2名を招いて道営競馬が札幌競馬場で「ANJレディースカップ」を開催。翌年にはこれが各地の地方競馬に拡大され「インターナショナルクイーンジョッキーシリーズ」が93年まで行われた。
やがて国内の女性騎手が中央・地方で出てくるようになると、今度は国内の女性騎手を集めての招待レースが行われる様になり、大分・中津競馬場で97年から2000年まで「卑弥呼杯」が、また2001年には県営新潟で「駒子賞」が行われた。
そして昨年から日本最南端の熊本・荒尾競馬場で3年ぶりに国内の平地レースで活躍する女性騎手が集まって始まったのが「全日本レディース招待競走」。国内平地競馬で活躍する女性騎手が一同に会し、2レースのポイント制で腕を競う騎手対抗シリーズの1つだ。
昨年は台風の中、デビューしたての地元の岩永千明騎手が見事優勝。今年は好天の下で激戦が繰り広げられた。まずは出場メンバーを紹介しておこう。(カッコ内は地方所属騎手の騎手服の服色)
☆北海道 笹木美典(黄、緑鋸歯型)
昨年は「駒子賞」覇者の佐々木明美とのコンビで出場も今年引退し調教助手に転身した事で今年は彼女1人での参戦となった。3連単導入の際のTVCMにも登場、早々とシーズンオフを迎えたホッカイドウ競馬だが、こうして遠征騎乗が出来るだけでもありがたいもの。そのためにもここでいい成績を挙げておきたい。
☆岩手 千田和江(桃、青縦縞、袖桃・青一本輪)・皆川麻由美(桃、紺菱山形一本輪)
みちのく岩手からは昨年に続いての参戦になる千田と、昨年デビューでレディース招待には今年が初参加の皆川のコンビ。特に皆川にとっては初の遠征となるが、ここで何かヒントを掴んで帰りたいところだろう。
☆浦和 平山真希(桃、袖桃と黒縦縞)・牛房由美子(赤、青星散らし、袖白)
南関東唯一の女性騎手コンビ。南関東の男性騎手では的場文雄・石崎親子が有名だが、せめて今回の遠征で知名度を高めたいところ。
☆JRA 牧原由貴子・西原玲奈
中央では今やこの2人が女性騎手として残るのみとなった。騎乗機会はそう多くないが、数少ない女性騎手の座を守る為にもここで恥ずかしいレースは見せたくないだろう。
☆名古屋 宮下 瞳(紫、桃一文字、袖白)・山本 茜(青、橙星散らし、袖青と橙縦縞)
片や今年7月に現役女性騎手最多勝記録を更新した宮下 瞳(思えば今年のJBCデーの第2レースでも勝ち星を挙げている)、こなた今年10月デビューでデビューしたその日に4戦目で見事初勝利を挙げた山本 茜コンビが名古屋から参戦。今年のJBC開催場だけに今後注目のコンビとなりそう。
☆高知 別府真衣(赤、青山形輪、袖白・赤星散らし)
何と山本 茜と那須の地方競馬教養センター(地方競馬の騎手養成所、JRAで言えば白井の競馬学校に相当)の同期、同じくデビュー日に初勝利を挙げて以来早くも執筆時点で9勝を挙げる活躍ぶりはメンバー中期待されるところだ。今回参加出来なかった同じ高知で同期の森井美香の分まで活躍したいところ。
☆福山 池本徳子(白、赤N字、袖黄)
アラブのメッカ・福山唯一の女性騎手。昨年は佐藤姓で参戦し、今年結婚改姓して池本姓での参戦となった。メンバー中最年長だが、12月からのサラ導入で遂にアラブのメッカ返上となるだけに、ここで意地を見せておきたいところか。
☆荒尾 岩永千明(赤、白菱山形、袖青と白縦縞)
昨年4月デビュー、台風接近の中で行われた昨年の大会で見事優勝、今年はディフェンディングチャンプとして迎え撃つ事になる。

こんなメンバーで行われた今年の全日本レディース招待、詳細なレポートは荒尾競馬の公式サイトhttp://www.araokeiba.com/sp-race2/2005ljks_inves.htmにUPされている他、別府騎手所属の高知競馬の公式サイトで写真掲載http://www.keiba.or.jp/dejikame/20051122tr/ladies_teruphoto.htmlhttp://www.keiba.or.jp/dejikame/20051122pn/ladies_pwrnvphoto.htmlがされているので、そちらでも参考にして欲しい。
【“全日本レディース招待in荒尾”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

「メルマガ連動企画・IDOLプログを分析する 19」

道産子タレントシリーズの最終回は、札幌出身で元ワンエイト所属、現在はフリーで活躍中の高瀬洋子さんのブログにTBしてみよう。
高瀬さんは現役のRQで、2003年にJGTCのマシーンXクロスクイーンズでデビューし、昨年からはGT・スーパー耐久・全日本ロードレースの3カテゴリーのRQを務める大活躍ぶり。その傍らメーキャップアーティストとしても活躍し、先月からつくばテレビ系で「高瀬ビューティクリニック」なる冠番組までスタートしたばかり。
数ある記事の中からTB先に選んだのは、ZOILトリックスターMAXSEED ヒットトリックスターガールとして参戦した全日本ロードレース最終戦・ツインリンクもてぎの報告。この日はつくばテレビ系で初めて全日本ロードレースのRQ特集をやるという事で、仲良しの大谷ゆりがレポーターとして参加、RQフットサルチーム「High Legs」でも一緒でもあるが、相変わらず面白いキャラとは高瀬の大谷評だ。
【“「メルマガ連動企画・IDOLプログを分析する 19」”の続きを読む】

テーマ:芸能人のブログ - ジャンル:アイドル・芸能

「メルマガ連動企画・IDOLプログを分析する 18」

次は、このシリーズの初期で取り上げた「ミュージックアイドルバトル」のバトラーの1人・横井美奈子がUSEN440のch「アジアン美少女FILE」の番組「アイドルパーティー」に出演した折に共演した道産子タレントのブログにTBしよう。とはいっても出演者の1人・あべなぎさ(ZONE所属、横井と同じく帯広出身)のブログ「なぎのHappy☆Lagoon☆」はTB不対応(コメントのみ)なのでここでは紹介だけに留めておく。
◇「なぎのHappy☆Lagoon☆」
http://nagirinko.blog17.fc2.com/

今回は札幌出身、シンクバンク所属の加藤つかさのオフィシャルブログにTBしてみよう。加藤さんは2003年に携帯公式グラビアサイト「加納典明ワールド」の第1回写メドルオーディションに参戦、応募総数3,618名の中から見事初代写メドルクイーンの座を得てデビュー。
昨年のBS日テレ「女神のChu!」やTBS「デジ屋台」のデジモとしても活躍、磯山さやか初主演のDVD「実写版まいっちんぐマチコ先生THE MOVIE Oh!コスプレ大作戦」にも出ている。
特技は小1から11年間続けてきたバトントワリング、そのためか体が柔軟なところも特徴の1つ。今後シンクバンクの有力タレントの1人として注目の1人だ。
【“「メルマガ連動企画・IDOLプログを分析する 18」”の続きを読む】

テーマ:芸能人のブログ - ジャンル:アイドル・芸能

「メルマガ連動企画・IDOLプログを分析する 17」

今回からは「道産子タレントのブログにTB」というテーマで、私と同じ北海道出身のタレントのブログにTBしてみたい。
まずは、メルマガ「IDOL TODAY」の10/08号でも取り上げた陸上自衛隊出身の福島和可菜さんのブログ「福島和可奈の”敬礼しま~す”」にTBしてみよう。
福島さんは函館出身、2001年に陸上自衛隊第2師団・第2特科連隊第1大隊に入隊し、標的までの距離計算や無線通信の任務に当たり、第2師団の幹部秘書としても活躍。2期・4年勤務して陸士長に昇任し、今年3月に任期満了で退職。現在の所属先のオフィスN2のオーディションを受け、匍匐前進を披露し見事合格、現在に至っている。
彼女と同期で第2飛行隊の陸士長を務めた豊島沙織さんは、現在東京優勝に所属しているが、こちらの方はまだ大きな活躍はなく、この福島さんが現状では目立つ活躍を見せている。
さてTB先は、先月23日(丁度ディープインパクトが菊花賞を制して史上2頭目の無敗の三冠馬を達成した日)に放送のTBS「どうぶつ奇想天外!」の2時間SPに出演するという記事。
【“「メルマガ連動企画・IDOLプログを分析する 17」”の続きを読む】

テーマ:芸能人のブログ - ジャンル:アイドル・芸能

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。