メディアの手帖

このブログは、メルマガ「IDOL TODAY」の編集者である畑中 智晴が、日々のメディアの動きや最近のNEWSなどを取り上げ、コメントするブログです。 (但し、毎日更新とは限りませんので悪しからず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥人間達の暑い夏

「鳥人間コンテスト」というTV番組があるのをご存知だろうか?
元々は1977年に第1回大会が琵琶湖南部・近江八幡市の宮ヶ浜水泳場で行われ、その模様がYTV「びっくり日本新記録」で放映されたのがきっかけ。
80年から独立の単発番組に昇格し、会場も琵琶湖北部・彦根市の松原水泳場に移して現在に至っている。
元々この大会はイギリスでハングライダーで高いところから飛距離を競う「セルシー・バードマン・ラリー」の日本版として始まり、翌年に「セルシー~」の代表者であるミセス・ハモンドの列席の元、早くも世界大会「JAPAN INTERNATIONAL BIRDMAN RALLY」として開催されている。
81年から現在の「鳥人間コンテスト選手権大会」という名称になったが、実施部門は年々変化を遂げており、第1回は純粋に飛距離を競うのみだったが、翌年からは飛距離に関係なく面白い飛び方を競う「コミカルエントリー」が加わって、10年間続いた。
86年の第10回記念大会からそれまで単一の競技部門(シリアスエントリー)として行われてきたのを、滑空機部門と人力プロペラ機部門に分割、またこの大会から5年間女性パイロット部門が設けられたが、90年の14回大会で廃止された(その後95・96年に「レディース部門」として復活)。
97年の21回大会が台風直撃の影響で全面中止(それまでにも88・89年に滑空機部門、90年に人力プロペラ機部門が強風で中止になった事はあったが、全面中止はこの年が初めて)になった事で、翌98年の22回から大会は1日開催から2日制に移行する事になった。
この22回大会と翌年の23回大会には、飛距離だけでなく機体のデザインやコンセプトなども総合的に競う「チャレンジ部門」が設けられたが、23回大会の2日目で風待ちでフライト出来ず大会終了となった機体が出た事もあって廃止された(もっとも廃止した翌年の24回大会は更にフライト出来なかった機体が続出したのだが)。
2001年の25回大会には、エキシビションとして飛行時間を競う「人力ヘリコプター部門」が設けられ、翌2002年の26回大会から正式種目となったが、これもプラットフォームからの離陸の問題が考慮され2003年の27回大会で廃止された。この2003年の27回大会で優勝した人力プロペラ機部門の平綿甲斐選手(日大理工学部航空研究会)が34654m10cm(34.6541km)という驚異の記録を出し、直線距離で松原水泳場から南部の琵琶湖大橋までに達して、現在の会場での記録の限界という事になった。
(それまでにも98年の22回大会で琵琶湖の北岸に達する23688m24cm(23.68824km)という記録があったが・・・)
そこで主催のよみうりテレビは、更なる記録の更新を狙い、 2箇所の折り返し地点を設定し、これまでの直線飛行の他に「折り返し飛行」も可能とする新しいルールを定め、同時に滑空機部門をフォーミュラクラス(翼長12m以内・機体に補助車輪をつけない)とオープンクラス(翼長・機体全長・重量に制限なし)に分けて、人力プロペラ機部門と合わせて3部門で大会を行う事にした。しかし昨年の28回大会は折からの台風の影響による天候不良で人力プロペラ機部門が競技途中で中止となり、せっかくの新ルールも幻に終わった。
(以上はYTVの大会公式ページ及びフリー百科事典・ウイキペディア「鳥人間コンテスト選手権大会」の項より紹介)

さて、第29回大会は7月16・17日に行われたが、その模様が今日19日にYTV・NTV系全国ネットで放送された。当日は天候にも恵まれて、高記録が期待されたのだが・・・

【“鳥人間達の暑い夏”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。