メディアの手帖

このブログは、メルマガ「IDOL TODAY」の編集者である畑中 智晴が、日々のメディアの動きや最近のNEWSなどを取り上げ、コメントするブログです。 (但し、毎日更新とは限りませんので悪しからず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロの選ぶ薬とは

週末に季節外れの雪が降った事もあり、どうも体調が優れなかったので、週明けの今日、町の診療所へ診てもらった。担当医の診断は風邪という事だったが、多数の薬と共に週末は食事も取れなかったという事で点滴をして頂いて帰ってきたが、数年ぶりに貰った薬の複雑さには驚くばかりである。以下に挙げてみたい。
1.点滴使用のくすり
・ソリダ-T3号 500mL1瓶
(製造・清水製薬(今年4月より味の素メディカ)販売・味の素ファルマ)
さすがは味の素、いつの間にか輸液で先発の大塚製薬に迫る勢いがある。一昔前だと点滴といえば大塚だったが、そこはアミノ酸の元祖味の素だけあってここへきて勢力を拡大しつつあるようだ。
・ペントシリン静注用 2g/キット
(製造・富山化学 販売・大正富山医薬品)
代表的抗生物質であるペニシリンを生理食塩水で溶かして点滴用にしたもの。これまで抗生物質を点滴する際は輸液と混注させていたのがこれだと混注時の感染症を防ぐ事が出来、また生理的濃度の食塩水で体液のバランス調整にも役に立つ事になる。メーカーの富山化学は新薬開発に熱心で、販売元の大正富山医薬品は富山化学と大正製薬の合弁販売会社。

2.貰ったくすり
・ペレックス顆粒1.0g(毎食後1包x5日分)(大鵬薬品)
これが今回のかぜ薬のメインという事になる。一応は非ピリン系の感冒剤ではあるが、副作用率1割だそうで、多少リスクのある選択となった様だ。
・ノレプタン錠80mg(毎食後1錠x5日分)(日本ベーリンガーインゲルハイム)
こちらは咳止め。診療所に行くまではクミアイ配置薬の咳止め「セキエース」(ダイト)を飲んでいたが、さすがにプロの選ぶ薬は違う。メーカーはドイツだが、日本でもポピュラーになりつつある。
・ムコソルバン錠15mg(毎食後1錠x5日分)(帝人ファーマ)
こちらは痰を早く出すための薬。様々なタイプがあるムコソルバンから最初に発売された錠剤をチョイスしてきた。テイジンといえば「Quality of Life」という企業スローガンが有名だが、繊維だけでなく一番テーマに近い医療の分野でも活躍が目立っている。
・フライベリック錠20mg(毎食後1錠x5日分)(ファイザー)
こちらも咳止めだが、これはむしろ症状緩和の狙いがある。後述の抗生物質で有名となったファイザーだが、最近はこうした循環器系の薬の売上げが多いそうな。
・ジスロマック錠250mg(朝食後2錠x3日分)(ファイザー)
ファイザーといえばペニシリンに代表される抗生物質の大家であるが、そのファイザーの新型抗生物質が今回のメインという事になった。何せ「1日2錠で7日間効果持続」というコンセプトだそうで、わざわざ患者向けパッケージを作ってそこに服薬方法を説明するという今までにないスタイルとなっている。事実担当医から説明の際にも自分のデスクの引き出しから出すほどこの薬に対する自信が表れているようだ。
・タリオン錠10mg(朝夕食後1錠x5日分)(田辺製薬)
元々は田辺と宇部興産の共同開発によるアレルギー性疾患の薬。最近かゆみにも効果ありという事になって、佐藤製薬と共同販促を行っている。化学品メーカーの宇部興産が医薬の開発とは驚きである。
・SPトローチ明治0.25mg(20個処方)(明治製菓)
こちらは口内の感染予防のための抗菌トローチ。あのチョコレートの明治が薬を手がけているというのも驚き(うがい薬「イソジン」が有名)だが、それだけヒトとの関係が密接な分野かもしれない。
・アズノールうがい液4%(うがい薬)(製造・日本点眼薬研究所 販売・日本新薬)
こちらは口内の消毒と傷の治療のためのうがい薬。製造元が点眼薬メインという事でキャップを開けるとそれっぽいタイプの注ぎ口なのが印象的。
・ボルタレンサボ50mg(座薬・体温38度以上で1本x6本処方)(ノバルチスファーマ)
万一の高熱に対処すべく用意されたのがこれ、出来ればこれは使いたくないものだが・・・。ちなみにリュウマチにも使われており、座薬の他に錠剤・カプセル・軟膏・絆創膏タイプもあるそうな。ノバルチスはかつてのチバガイギーの流れを組む会社。

こうして調べてみると、1つの薬にもメーカーの健康への思いが大きくこめられているのが良く分かる。ただ今回調べてみたところ、どうも薬価の高い薬を選ぶ傾向にある様で、出来れば担当医には効果が同じで薬価が安い「ジェネリック医薬品」の検討もお願いしたいところだ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。