メディアの手帖

このブログは、メルマガ「IDOL TODAY」の編集者である畑中 智晴が、日々のメディアの動きや最近のNEWSなどを取り上げ、コメントするブログです。 (但し、毎日更新とは限りませんので悪しからず)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のGI日程を考える

Bank of Dreamさんのブログ「公営競技はどこへ行く」の記事「ナカヤマフェスタも凱旋門賞へ」で、Bank of Dreamさんは「宝塚記念が昔の6月第2週あたりに行われるならば、キングジョージにも出走できる」と紹介している。
それを受けて、慧さんがわたしのGⅠ日程案春編と題して、こんな春のGI日程を提案している。
・川崎記念を現行の日本グレードJpnIから南関東S1グレードに格下げ、これを受けてフェブラリーステークスを1ヶ月繰り上げて冬の東京の開幕週に(これによりドバイワールドカップに挑戦しやすくする)。また最終週にヴィクトリアマイルを繰り上げ(こちらは2ヶ月余りの繰り上げ)。
・高松宮記念は現行日程(3月最終週)のまま。
・同じ4月第1週に皐月賞と桜花賞のダブルヘッダー(桜花賞を皐月賞の1時間前に施行、桜花賞は1週、皐月賞は2週繰り上げ)。その前日に中山グランドジャンプ(2週繰り上げ)。
・春の天皇賞は4月第2週(2週繰り上げ)に移行。
・NHKマイルカップは4月第3週に移行(3週繰り上げ)、またこの前日にはオークスとダービーのトライアル4レースを施行(9レースがオークストライアル・スイートピーステークス、10レースがオークス最終トライアルのフローラステークス、11レース(メインレース)がダービートライアルの青葉賞、12レースがダービー最終トライアルのプリンシパルステークス)。
・安田記念は5月第1週に移行(1ヶ月繰り上げ)
・優駿牝馬(オークス)と東京優駿(日本ダービー)を同じ5月第2週に行う。優駿牝馬は第9レース(2週繰り上げ)、日本ダービーは第10レース(3週繰り上げ)で。
・そして宝塚記念は6月第1週(3週繰り上げ)。

はっきり言って、前後のバランスを考えない「独りよがり」の日程案だが、追記で解説しておきたい。 【“春のGI日程を考える”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

JBC改革私案

JBCは、平成13年に本家アメリカのブリーダーズカップ(ブリーダーズカップワールドサラブレッドチャンピオンシップス)に範を取り、将来的に日本のダートの各カテゴリー(年齢、性別、距離など)のチャンピオン決定戦を目指して創設されたが、現在では優秀馬の生産に不可欠な要素であるスピード能力を問うスプリントと、スピードとスタミナの両方を問うダートの選手権レースであるクラシックの2レースが同一日に行われているに過ぎない。
本家アメリカにおいては、昭和59年創設においては1日で全7レース構成だったが、現在では初日5・2日目9と2日間で14レース(来年には更に2レース増えて16レースの予定)までに成長しているのだが、一方日本においては未だに創設当初の1日2レースの域を脱していないのである。
そこでこの際、「日本においては、日本風のブリーダーズカップを開催しよう」という事で、現在のJBCデーを発展的に廃止し、現在開催されている秋のダートグレードにJBCのカテゴリーを当てはめて、文字通り「地方競馬全体」のお祭りという形にしては?というのが、今回の私案である。
【“JBC改革私案”の続きを読む】

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

競輪改革私案

いつも拝見させていただいているブログ「公営競技はどこへ行く」の中で、作者である大阪在住のBank of Dreamさんは「競輪の売り上げ回復には、思い切った改革の実行が不可欠」という持論を展開している。同じ改革という点では予想紙発行のコンドル出版の武田社長も「プロの団体なら1500人が限度、赤字開催を減らし、黒字開催を増やすべし。月1開催で10個レースの基本がベスト。そして各場・サテライトは月に4週を使ったもの(1週間1開催)にすればファンはしっかり自分の仕事をやれるし、競輪界にファンが戻って来るのでは」という持論を自身のHP内の「コンドル日記」で語っている。
それでは、具体的にはどんな方法が考えられるのか? ここでは私なりに考えた競輪改革の私案を提供して、今後の議論の参考として頂きたいと思う。
【“競輪改革私案”の続きを読む】

テーマ:競輪 - ジャンル:ギャンブル

進化する日本の重賞グレード

先に、日本の重賞グレードについて紹介したのだが、その際に「国際セリ名簿基準委員会(ICSC)が定める平地重賞の国際グレード認定基準」によって「国際交流重賞」のGグレード承認が行われる事を紹介した。
今年の分は主に過去3年間のレースレーティングの平均によってIRPAC(国際格付け番組企画諮問委員会)により決定されていたのだが、来年からは他のパート1国と同様に「国際承認を得た自国の格付け委員会」による承認によって決定される事になったのだ。
新しく編成される「日本グレード格付け管理委員会」は、これまでの「ダート競走格付け委員会」を発展的に改組した、芝・ダートの平地重賞のグレード格付けを担う委員会で、10月末に第1回委員会を行い、11月中旬のJRA運営審議会での承認を経て、来年の重賞から適用される(なおその際の格付けは12月上旬に開催されるSITA(国際サラブレッド競売人協会)会議での正式決定まで暫定格付けとなる)。
【“進化する日本の重賞グレード”の続きを読む】

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

10年目のJDDを振り返る

3歳ダート王決定戦・通称「ダートの日本ダービー」ことジャパンダートダービー(日本グレードJpnI)も今年で10回目を迎えた。今年も帝王賞・東京大賞典でおなじみTCK・大井競馬場の外回り2000mのコースに全国から強豪が集まってきた。
【“10年目のJDDを振り返る”の続きを読む】

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

日本の重賞グレードが変わる・2

思えば、この重賞グレードの変更はパート1入りしてからのある意味「宿題」であった事を考えると、行動の早さに驚かされるのだが、それだったらなぜもっと早く対策を練っておかなかったのか?という疑問は拭えない。
今回の決定により、日本の競馬界の重賞グレードは
「国際グレード認定の平地重賞」(G)
「日本独自グレードの平地重賞(及びダートグレード競走)」(Jpn)
「障害重賞」(J・G)
「地方独自グレードの平地重賞」(南関東のS、北海道のH、東海のSP、九州のKJ)
「ばんえい競馬の重賞」(BG)
の5種類が存在する事になる。
(3月31日追記:地方独自グレードで唯一G表記を使用していた南関東4場は、4月1日より新たに「S」表記を使用する事になったと3月30日に発表された(「S」は「Stage(ステージ、〔活動の〕舞台、〔進歩の〕段階)」、「South(南方〔南関東の南〕)」、「Special(特別な)」からの命名だそうな)。またこれに伴いダートグレードと南関東独自グレードとの併記が廃止される)
(6月26日追記:また、九州グレードも6月の「九州ダービー栄城賞」から
今までの「KG」から「KJ」に変更された。なおこちらはダートグレードと九州グレードの併記が続行される)
【“日本の重賞グレードが変わる・2”の続きを読む】

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

日本の重賞グレードが変わる・1

まず前の記事で紹介したディープインパクトのその後を簡単に書いておこう。
ディープインパクトに対するフランスギャロの裁定は11月16日に出て、管理する池江泰郎調教師の弁明書「9月13日からせき込むようになり、21~25日にイプラトロピウムによる吸入治療を行った。その間2度、吸入中に暴れ、外れたマスクから薬剤が飛散し馬房内の敷料(寝ワラなど)、干し草に付着。それをレース前日から当日の間に摂取し、レース後まで残留した可能性が高い」に基づき、馬に対してはレースの失格(凱旋門賞での禁止薬物による失格は初のケース)、池江調教師に対して制裁金15000ユーロを課して処分終了となった。これによりJRA側の処分は同行の獣医師に対する6ヶ月のJRA診療施設貸付停止のみとなり、ディープインパクトはその後の国内2レース(ジャパンカップ・有馬記念)を快勝して引退、ラムタラを越える国内最高の51億円のシンジケート(初年度種付け料1200万円)が組まれて今年から種牡馬入りして早くも好調な種付けを見せている。

そのディープインパクトはトータルでGI7勝をマークしたが、ディープがジャパンカップへ向けて出走準備を進めていた昨年11月に、日本の競馬界は国際セリ名簿基準委員会によりパートI国への昇格が決定し、その代償として今年に入って平地重賞は国際グレード認定以外に「G」表記を使うなという勧告を受けたのだ。JRAとNAR(地方競馬全国協会)が協議した結果、今年国際グレード認定を受けた平地重賞59レースはそのまま「G」表記を使い、それ以外の平地重賞と地方開催のダートグレードについては新たに日本グレード「Jpn」を使う事になった。これによってディープは今年からの計算に当てはめると「GI4勝・Jpn3勝」という計算(つまり3冠はJpn扱いになる)となる(もっとも今年から適用なのでGI7勝はそのままなのだが)。
【“日本の重賞グレードが変わる・1”の続きを読む】

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

今、ディープインパクトについて分かっている事

ディープインパクト、父サンデーサイレンス、母ウインドインハーヘア、母の父Alzaoの4歳鹿毛の牡馬。2002年3月25日早来町ノーザンファーム生まれ、オーナーは図研社長の金子真人氏(のちに馬主は法人化され現在は「金子真人ホールディング」名義)、所属は栗東の池江泰郎厩舎、デビューから一貫して武 豊騎手が手綱を取っている日本を代表するスターホースだ。
2004年12月に阪神でデビュー以来、翌年の菊花賞で史上6頭目(史上2頭目の無敗)の三冠馬に輝くまで無敗であったが、同年の有馬記念でハーツクライの後塵を拝し2着。今年は阪神大賞典から始動し、春の天皇賞と宝塚記念を勝利して、まさに国内無敵の感をいっぱいにして、初の海外遠征となる10月1日のパリ郊外・ロンシャン競馬場での凱旋門賞に臨んだ。
結果は3歳馬2頭に交わされての3着ではあったが、同世代では最高着順だった事を考えると大健闘といえるのではなかったか?
しかし、レース後に管轄するフランスの競馬統括団体・フランスギャロが行った薬物検査(理化学検査)によってフランスの競馬施行規則で使用禁止となっている「イプラトロピウム」が検出されたとJRAに通知があって、現在揺れ動いている。
同馬は現在帰国後の着地検疫で東京競馬場の国際厩舎に滞在しており、秋の天皇賞へ向けて調整が行われている。果たしてディープに今何が起こっているのか?ネット上での情報の混乱の整理と、加熱する議論の冷静化を計るべく、ここでは今ディープインパクトに付いて分かっている事を紹介しておく。
【“今、ディープインパクトについて分かっている事”の続きを読む】

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

今年の中央競馬を振り返って

2005年の中央競馬も25日の有馬記念(正式には阪神の2005年ファイナルステークス)をもって全てのレースを終えた。終盤に中京で雪に見舞われレース打ち切りというのはあったが、重賞は全て行われそれぞれのカテゴリーで様々なドラマが繰り広げられた。
今年の競馬のキーワードを挙げるとすれば「3歳」というのが挙がるだろう。
まずは芝の3冠を無敗で制したディープインパクト、無敗の4冠を賭けて出走した有馬記念こそハーツクライの2着に敗れはしたものの、同世代との対戦で見せた無類の強さはあの「皇帝」シンボリルドルフ以来となる無敗での三冠達成という偉大な記録を作り上げた。
一方ダート戦線でもJCダートをカネヒキリが制したが、この2頭とも図研社長である金子真人さんの法人馬主「金子真人ホールディングス」の所有である。今年はこの「金子真人ホールディングス」も1つのキーワードとしていいだろう。
平地だけではない、障害レースでも3歳馬が活躍し、暮れの中山大障害を3歳馬テイエムドラゴンが制した。これは昭和43年秋の第62回・タジマオーザ以来の3歳馬の大障害制覇となったが、平地で9戦未勝利、障害入りして3戦3勝の活躍は今後の障害界に注目の1頭という事になろう。
【“今年の中央競馬を振り返って”の続きを読む】

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

全日本レディース招待in荒尾

このジャンルでは2回目となるが、今回は去る11月22日に熊本・荒尾競馬場で行われた「全日本レディース招待競走」を取り上げてみたい。
日本における女性競馬騎手招待レースは、1981~84年に東北3県(水沢・上山・県営新潟)で行われた「レディスカップ」がその起源(82~84年には水沢で「国内女性騎手招待競走」を開催)。88年にはオセアニアから2名を招いて道営競馬が札幌競馬場で「ANJレディースカップ」を開催。翌年にはこれが各地の地方競馬に拡大され「インターナショナルクイーンジョッキーシリーズ」が93年まで行われた。
やがて国内の女性騎手が中央・地方で出てくるようになると、今度は国内の女性騎手を集めての招待レースが行われる様になり、大分・中津競馬場で97年から2000年まで「卑弥呼杯」が、また2001年には県営新潟で「駒子賞」が行われた。
そして昨年から日本最南端の熊本・荒尾競馬場で3年ぶりに国内の平地レースで活躍する女性騎手が集まって始まったのが「全日本レディース招待競走」。国内平地競馬で活躍する女性騎手が一同に会し、2レースのポイント制で腕を競う騎手対抗シリーズの1つだ。
昨年は台風の中、デビューしたての地元の岩永千明騎手が見事優勝。今年は好天の下で激戦が繰り広げられた。まずは出場メンバーを紹介しておこう。(カッコ内は地方所属騎手の騎手服の服色)
☆北海道 笹木美典(黄、緑鋸歯型)
昨年は「駒子賞」覇者の佐々木明美とのコンビで出場も今年引退し調教助手に転身した事で今年は彼女1人での参戦となった。3連単導入の際のTVCMにも登場、早々とシーズンオフを迎えたホッカイドウ競馬だが、こうして遠征騎乗が出来るだけでもありがたいもの。そのためにもここでいい成績を挙げておきたい。
☆岩手 千田和江(桃、青縦縞、袖桃・青一本輪)・皆川麻由美(桃、紺菱山形一本輪)
みちのく岩手からは昨年に続いての参戦になる千田と、昨年デビューでレディース招待には今年が初参加の皆川のコンビ。特に皆川にとっては初の遠征となるが、ここで何かヒントを掴んで帰りたいところだろう。
☆浦和 平山真希(桃、袖桃と黒縦縞)・牛房由美子(赤、青星散らし、袖白)
南関東唯一の女性騎手コンビ。南関東の男性騎手では的場文雄・石崎親子が有名だが、せめて今回の遠征で知名度を高めたいところ。
☆JRA 牧原由貴子・西原玲奈
中央では今やこの2人が女性騎手として残るのみとなった。騎乗機会はそう多くないが、数少ない女性騎手の座を守る為にもここで恥ずかしいレースは見せたくないだろう。
☆名古屋 宮下 瞳(紫、桃一文字、袖白)・山本 茜(青、橙星散らし、袖青と橙縦縞)
片や今年7月に現役女性騎手最多勝記録を更新した宮下 瞳(思えば今年のJBCデーの第2レースでも勝ち星を挙げている)、こなた今年10月デビューでデビューしたその日に4戦目で見事初勝利を挙げた山本 茜コンビが名古屋から参戦。今年のJBC開催場だけに今後注目のコンビとなりそう。
☆高知 別府真衣(赤、青山形輪、袖白・赤星散らし)
何と山本 茜と那須の地方競馬教養センター(地方競馬の騎手養成所、JRAで言えば白井の競馬学校に相当)の同期、同じくデビュー日に初勝利を挙げて以来早くも執筆時点で9勝を挙げる活躍ぶりはメンバー中期待されるところだ。今回参加出来なかった同じ高知で同期の森井美香の分まで活躍したいところ。
☆福山 池本徳子(白、赤N字、袖黄)
アラブのメッカ・福山唯一の女性騎手。昨年は佐藤姓で参戦し、今年結婚改姓して池本姓での参戦となった。メンバー中最年長だが、12月からのサラ導入で遂にアラブのメッカ返上となるだけに、ここで意地を見せておきたいところか。
☆荒尾 岩永千明(赤、白菱山形、袖青と白縦縞)
昨年4月デビュー、台風接近の中で行われた昨年の大会で見事優勝、今年はディフェンディングチャンプとして迎え撃つ事になる。

こんなメンバーで行われた今年の全日本レディース招待、詳細なレポートは荒尾競馬の公式サイトhttp://www.araokeiba.com/sp-race2/2005ljks_inves.htmにUPされている他、別府騎手所属の高知競馬の公式サイトで写真掲載http://www.keiba.or.jp/dejikame/20051122tr/ladies_teruphoto.htmlhttp://www.keiba.or.jp/dejikame/20051122pn/ladies_pwrnvphoto.htmlがされているので、そちらでも参考にして欲しい。
【“全日本レディース招待in荒尾”の続きを読む】

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

女子王座開会式

プロスポーツの中で、女性が映える競技として挙げておきたいのが競艇という事になろう。ひな祭りを挿んでの女子レーサーの祭典「第18回JAL女子王座決定戦」が1日から長崎の大村競艇場で始まっている。
競艇のグレードレースとなれば、大抵は出場選手がファンの前に登場して自身の意気込みを語って一杯舟券を買って頂こうという事で、選手紹介が行われる。特にSGやGIとなると毎回趣向を凝らした内容となり、毎月JLCでチェックしている筆者としてはいつも楽しみである。
そんな中でもこの女子王座の選手紹介は他のSG・GIと並んで毎年注目なのだが、今年は出場メンバーも多種多彩とあって勢い選手紹介も華やかのものとなった。
まず、噺家でいう出囃子をリクエストしてくる選手が結構多かったのが印象に残ったのと、挨拶の中でも自身の家族へ向けてのメッセージが多かった(これは出場メンバーの中に既に母となりまた妻となっている選手が結構多かった事もあるが)。いくつか例を挙げておくと、主人からの発奮で頑張る寺田千恵選手(主人の立間充宏共々前節の中国地区戦に参戦、その立間選手から発奮を受けての女子王座だけに優出は最低ノルマか)、事もあろうにアニメ「花の子ルンルン」の主題歌を出囃子に使ってきた西村めぐみ選手(実は彼女と主人の本部真吾選手が昨年の東海地区戦に参戦、夫婦でのGI参戦は彼女が先という事になる)、お手玉をやろうとしてスポットライトがまぶしくて失敗した日高逸子選手(一昨年の最優秀女子選手の実績から見事ファン投票でドリーム戦の1号艇を手にする、実績は昨年の最優秀女子選手の海野ゆかり選手に若干劣るが、それでも女性初の名人戦出場を目論んでいるだけにまだまだ上位で頑張ってくれそう)、他にも地元で待望の出場を果たした選手代表の松尾美和子選手や親子で選手として頑張っている谷川里江選手や安岐奈緒子選手といったところが印象に残った。
出囃子指定という事であれば、わざわざ「冬のソナタ」の主題歌をリクエストした高橋淳美選手や氣志團をリクエストして自ら準備運動のつもりでパフォーマンスを披露した堀ノ内紀代子選手、妹が中ノ森BANDのベース担当という事でその宣伝も兼ねた田口節子選手、というようにここ数年の選手紹介では考えつかなかった趣向が続々登場した。
何といっても圧巻はいつも女子リーグ戦の選手紹介で1コーラス分の替え歌を披露している松瀬弘美選手だろう。今回も中島みゆきの「地上の星」(実際に渋田治代選手が出囃子で使っていた)の節で同郷の女子選手2人を織り込んだ替え歌を披露していた。女子リーグの楽しみはこの松瀬選手のパフォーマンスという人も多いだろうが、それを女子王座で披露できるほどの(つまりレースでも強いという事)実力を証明している事になる。
ともあれ、女子王座が終わるとまた今年の女子リーグが始まる(今年は来年の女子王座の舞台である浜名湖で3月30日から第1戦)が、毎年新たなリーガー達が登場する女子リーグの舞台から今年も目が離せない。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。